【要事前申込】がんと「恋愛」「結婚」「性」のこと交流会

完全非公開!安心してお話ししましょう

8月7日(日)16:1517:15 つどいの広場

男女別のブレイクアウトルームに分かれてがんにまつわる「恋愛」「結婚」「性(セクシュアリティ)」をテーマにした、オンライン交流会を開催します。それぞれ、がんサバイバーのモデレーター、アドバイザーとして専門家が同席します。普段の交流会ではなかなか聞けない、言えない、でも今回はここがテーマですから、安心してお話しましょう。もちろん、聞くだけでも参考になることがあります。

*事前の申し込みが必要です
*参加はがんの治療中・治療経験者に限ります
*ニックネームでの参加が可能です
*男女別のお部屋(zoomブレイクアウトルーム)で交流をします
*録音・録画はありません(記録のために簡単な議事録を取らせていただきますが、個人情報を含む内容が公開されることはありません)

本事業は日本対がん協会の協力による休眠預金活用による「がん患者・パートナーへのセクシュアリティ支援事業」として開催いたします。事業に関しては、ウェブサイト「もっと知ってほしいがんと生活のこと」内の「がんと性」をご覧ください。

司会者

柿本 聡 ( かきもと さとし (カッキー) )
モデレーター 語り合いカフェ安曇野 主宰

3歳で首下80%の熱傷を受傷、学生時代にいじめなど経験 介護福祉士として老人介護の仕事に携わるかたわら、柔道指導者として後進の指導にあたる。27歳の時に大腸がん・直腸がん・肛門がんで末期の診断を受ける。幾たびもの大手術を経て、現在に至る。がんやオストメイト(人工肛門)の理解啓発で若手のリーダーとして活動。講演のほかメディアにも多数出演している。

小林 秀行 ( こばやし ひでゆき )
アドバイザー 東邦大学医学部 泌尿器科学講座 准教授

1975年東京都生まれ。2000年東邦大学医学部を卒業。卒後研修終了後に東北大学大学院医学系研究科病理病態学講座免疫学分野に進学。医学博士を取得。ペンシルバニア大学獣医学部にてリサーチアソシエイト。その後は東邦大学医学部泌尿器科学講座に復帰。専門は男性不妊症。令和元年7月に株式会社Blueを起業。趣味は空冷VW・ジム通い・ロードバイク。インスタグラム:livingwithvw

ねこざわ
モデレーター

社会人1年目に、急性リンパ性白血病発症。化学療法8クール、骨髄バンクドナーさんからの移植を受け、20年以上経ちました。妊よう性温存、AYA世代、という言葉もないときでした。特に20代は、不妊、恋愛、結婚に悩みました。患者同士の会話は、大きな励みでした。よろしくお願いいたします。

渡邊 知映 ( わたなべ ちえ )
アドバイザー 昭和大学保健医療学部 教授

東京大学大学院医学系研究科博士後期課程修了(保健学博士)日本赤十字社医療センター、がん研有明病院化学療法科、東京慈恵会医科大学看護学科専任講師、上智大学看護学科准教授を経て2020年4月より現職。日本がん・生殖医療学会理事、AYAがんの医療と支援のあり方研究会理事。若年乳がん患者コミュニティスタイル世話人。専門はがん看護学