(〜11:00)">

ココがモヤるよAYA世代(〜11:00)

AYA世代の「ピアサポート」について

8月22日(日)10:1511:00 つどいの広場

 AYA世代とはAdolescent and Young Adultの頭文字をとったもので、15歳~30代の思春期および若年成人世代のことを指しています。学業、就職、恋愛、結婚、出産等、人生を形づくる様々なライフイベントが集中する時期でのがん罹患。AYA世代におけるがん経験者は、治療のみならず、孤独や将来への不安など、病院の中だけでは解決できない多種多様で、出口が見えにくい悩みを抱えることも少なくありません。
 本プログラムは、そんなAYA世代のがん特有の答えのない課題と、日々迷い向き合い、モヤモヤしている「モヤリスト」達が、本音をカジュアルに語るトークセッションです。
 今回は「ピアサポート」をテーマに、緩いトークを垂れ流します。

ココがモヤるよAYA世代

講演者

楠木 重範

悪性リンパ腫経験者・TEAM NEXT GOAL代表 ・小児科医

中谷 香菜

慢性/急性骨髄性白血病経験者・がん研究者

中西 俊介

骨肉腫経験者・AYAリバ 発起人/がんかけ! 仕掛け人

谷島 雄一郎

GIST経験者・ダカラコソクリエイト 発起人/カラクリLab. オーナー/大阪ガス㈱
1977年生まれ。大阪ガス株式会社に勤務。2012年、長女の誕生とほぼ同時に、食道に希少がん(GIST )が見つかる。当時34歳。以来、様々な治療と再発・転移を繰り返しながら防戦中。 15年「がん経験を新しい価値に変えて社会に活かす」をテーマにしたプロジェクト「ダカラコソクリエイト」を始動。がん経験者ダカラコソできることを、業種・分野の枠を超えてデザインすべく活動している。19年には、がんをもっとカジュアルに話せる場づくりを目指し、生きづらさを嗜む社会実験Cafe&Bar「カラクリLab.」を立ち上げた。