(〜14:45)動画">

胆道がん(〜14:45)動画

胆道がん化学療法の新展開

8月21日(土)14:0014:45 第3会場

胆道がんでは、3種類の保険適用された細胞傷害性抗がん薬をどのように使用していくかは重要であり、現状の使いわけについてお話します。また、本年3月には、FGFR阻害剤であるペミガチニブがFGFR2融合遺伝子を有する胆道癌に保険適用となり、胆道がんでのがんゲノム診断、およびがんゲノム別治療への期待を紹介いたします。

講演者

上野 誠 ( うえの まこと )
神奈川県立がんセンター 消化器内科 肝胆膵部長

1998年横浜市立大学医学部卒業 横浜市立大学附属浦舟病院で研修後、藤沢市民病院に勤務。 2003年より神奈川県立がんセンター消化器内科肝胆膵勤務 2020年より同部長となる。 専門は肝胆膵がんの診断、化学療法で、多くの企業治験、医師主導臨床研究に積極的に取り組んでいる。