(〜14:15)">

全員集合! どこでもドアで交流会へ!(〜14:15)

8月21日(土)12:4514:15 つどいの広場

~全員集合! どこでもドアで交流会へ!~

Zoomミーティングを使用し、「どこでも」「誰でも」参加しやすい、オンライン交流会を企画しました。
本企画では、まず『メインルーム』で各参加団体の団体紹介(各1分程)を全員で聞いた後、それぞれの団体ごとのブレイクアウトルーム(小部屋)に分かれ交流を図ります。
参加者は、ご自身が参加したいと思うブレイクアウトルームに、自由に移動できます。
(下記参照)

交流会イメージ図

8/21(土) 参加団体~ ※五十音順
一般社団法人アピアランス・サポート東京 / 一般社団法人キャンサーペアレンツ / NPO法人E-BeC / NPO法人ジャパンハート SmileSmilePROJECT / がんサポ喫茶止まり木 / がん情報サイト「オンコロ」(3Hクリニカルトライアル株式会社) / がん哲学外来カフェ柿田川 / がんフォト*がんストーリー / 国立がん研究センター希少がんセンター / 子宮頸がんサバイバーシップコミュニティ「パープルユニコーン」 / 若年性乳がんサポートコミュニティ Pink Ring / StellabO / 精巣腫瘍患者友の会(J-TAG) / 中皮腫サポートキャラバン隊 / 「頭頸部がん患者と家族の会 Nicotto(ニコット)」 / 特定非営利活動法人がんと暮らしを考える会 / 特定非営利活動法人 患者スピーカーバンク / みんなでつなげる乳がん患者会 ASHARE(アシェア)

司会者

久田 邦博 ( ひさだ くにひろ )

しあわせです感謝グループ代表。研修デザイナー&ファンタジスタ、薬剤師、がんピアサポーター。慢性骨髄性白血病の薬物治療を20年間継続し副作用もコントロールし元気に働き続けるサバイバー界のレジェンド。18年前から「患者が求める医療コミュニケーション」や「がんになってから楽しく生きるコツ」を国内各地で800回以上講演を重ねている。当フォーラムでは『しあわせと感謝の魔法使い クニー・ポッター』に度々扮して活動。がんサバイバーの孤立支援として無料オンラインサロン「がんサポ喫茶止まり木」を毎週運営し、いのちのパワースポットと呼ばれている。著書「死ぬまでに読んでおけ」

谷島 雄一郎 ( やじま ゆういちろう )

1977年生まれ。大阪ガス株式会社に勤務。2012年、長女の誕生とほぼ同時に、食道に希少がん(GIST )が見つかる。当時34歳。以来、様々な治療と再発・転移を繰り返しながら防戦中。 15年「がん経験を新しい価値に変えて社会に活かす」をテーマにしたプロジェクト「ダカラコソクリエイト」を始動。がん経験者ダカラコソできることを、業種・分野の枠を超えてデザインすべく活動している。19年には、がんをもっとカジュアルに話せる場づくりを目指し、生きづらさを嗜む社会実験Cafe&Bar「カラクリLab.」を立ち上げた。