(〜10:45)動画">

がんと新型コロナ(〜10:45)動画

がん患者のための新型コロナウイルス感染予防

8月21日(土)14:4515:30 第1会場

がん治療を受けている患者さんは、新型コロナウイルスに感染した場合の重症化リスクが高いとされています。とくに、高齢者や全身状態が不良な方では、死亡するリスクが高いという報告もあります。ワクチンを含めた感染予防のポイントについてお話しします。

講演者

高山 義浩 ( たかやま よしひろ )
沖縄県立中部病院感染症内科・地域ケア科 副部長 / 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部 参与

東京大学医学部保健学科、山口大学医学部医学科卒。九州医療センター、九州大学病院にて初期臨床研修後、2004年より佐久総合病院にて総合診療と在宅医療を学ぶ。厚生労働省を経て、2010年より沖縄県立中部病院において感染症診療に従事。また、同院に地域ケア科を立ち上げ、退院患者のフォローアップ訪問や在宅緩和ケアを開始。2020年2月より新型コロナウイルスの世界的流行を受けて、厚生労働省参与を併任。著書に『地域医療と暮らしのゆくえ 超高齢社会をともに生きる』(医学書院、2016年)、『高齢者の暮らしを守る 在宅感染症診療』(日本医事新報社、2020年)など。

司会者

小嶋 修一 ( こじま しゅういち )
TBSテレビ報道局  解説委員

精巣腫瘍を二度経験した、がんサバイバー。仕事は、がん専門記者として、テレビ・ラジオで医療報道を担当。1987年、精神免疫腫瘍学の観点から、がん闘病者7人がヨーロッパアルプスの最高峰モン ブランに挑戦するドキュメンタリーを制作。世界のがん闘病団体に大きな影響を与えた。また、三木恒治・京都府立医大教授(当時)らと、患者会「精巣腫瘍患者友の会」を2010年10月に設立するなど、患者に寄り添った活動を展開。