リンパ腫パネルディスカッション

もっと話そう!治療のこと・生活のこと

10月24日(土)14:3015:15 第2会場

リンパ腫の基礎と新しい治療については8月の血液がんフォーラムで講演していますので、その時に聞けなかったこと、伝えられなかったことを時間の許す限りとことん話していただきます。

血液がんフォーラムの動画をご覧になっていない方は、事前の視聴をお勧めします。
リンパ腫:知っておきたい基本的なこと
講演者:神奈川県立がんセンター 血液・腫瘍内科部長 酒井 リカ

リンパ腫:リンパ腫に対する新しい治療
講演者:国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科長 伊豆津 宏二

講演者

伊豆津 宏二 ( いづつ こうじ )
国立がん研究センター中央病院  血液腫瘍科長

東京大学医学部附属病院、NTT東日本関東病院、虎の門病院を経て、2017年より国立がん研究センター中央病院・血液腫瘍科で血液がんの薬物療法を担当しています。血液がんの中でも、リンパ腫、慢性リンパ性白血病などのリンパ系腫瘍の診療を中心に携わっています。「標準的治療」を基本としつつ、新しい治療の開発を含めていろいろな治療選択肢が提供できるようにこころがけています。

笠井 信輔 ( かさい しんすけ )
フリーアナウンサー

東京都出身。早稲田大学を卒業後、フジテレビのアナウンサーに。夕方 のニュース番組「ザ・ヒューマン」 のメインキャスター、「ナイスデイ」の司会を経て朝の情報番組「とくダネ!」を20年間担当。2019年33年勤めたフジテレビを退社し、フリーアナウンサーになるものの2か月後に血液のがんである「悪性リンパ種」が判明。4か月半の入院、治療の結果「完全寛解」となる。11月に闘病エッセイ「生きる力~引き算の縁と足し算の縁~」をKADOKAWAより出版予定。

司会者

天野 慎介 ( あまの しんすけ )
一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン 理事長

1973年生まれ、2000年に悪性リンパ腫を発症。化学療法、放射線療法、自家末梢血幹細胞移植などを受けた。自身の経験より患者支援に関わり、2009年より厚生労働省がん対策推進協議会委員を2期4年務めた。現在、一般社団法人全国がん患者団体連合会理事長、厚生労働省厚生科学審議会がん登録部会委員、がんゲノム医療推進コンソーシアム運営会議構成員、患者申出療養評価会議構成員、先進医療技術審査部会構成員などを務める。