膀胱がん

膀胱がん、治療の全体像を理解する

8月18日(日)16:0017:00 国立がん研究センター 築地キャンパス 研究棟13F 第5会場

膀胱がんは膀胱粘膜、粘膜下にがんがとどまる筋層非浸潤性がん、膀胱筋層にまでがんが深くに及んでいる筋層浸潤がん、そして他臓器にがんが広がっている転移がんに分かれます。それぞれのタイプに合わせた治療方針を解説すると同時に、近年、使用可能となった免疫チェックポイント阻害剤治療の実際など最新治療の情報を膀胱がん専門医よりお伝えします。

※お申込締め切りについて
お申込締切日は8月14日(水)となりますが定員となり次第、受付を終了致します。

講演者

菊地 栄次 ( きくち えいじ )
聖マリアンナ医科大学 腎泌尿器外科学 教授

平成6年慶應義塾大学医学部卒業、医学博士。平成13年米国メモリアルスロンケタリング癌センター留学、平成29年慶應義塾大学医学部泌尿器科准教授、平成31年4月聖マリアンナ医科大学腎泌尿器外科学教授。日本泌尿器科学会専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、内分泌外科専門医、泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本性機能学会専門医、ロボット手術認定医、日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医。専門は膀胱癌、前立腺癌、前立腺肥大症、勃起不全。

司会者

小島 あゆみ ( こじま あゆみ )
ライター&エディター

慶應義塾大学卒業後、日経ホーム出版社(現・日経BP)で女性誌の編集に携わり、フリーランスに。雑誌やウェブ、書籍で、医療・健康分野や科学関連の記事の編集・執筆を行う。2014年、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程修了。