">

胃がん

罹患率の高い胃癌の外科治療について

8月12日(日)10:0011:00 国立がん研究センター 築地キャンパス 研究棟1F 第2会場

胃がんの治療は、病気の進行度に応じて、内視鏡切除、手術、化学療法と多岐にわたっています。その中で中心となる手術治療について、最新の情報を交えてお話し致します。

講演者

森田 信司 ( もりた しんじ )
国立がん研究センター中央病院 胃外科・医長

新潟県出身。東京医科歯科大学卒業後、同大学第二外科学教室入局、2005年より国立がん研究センター中央病院がん専門修練医を経て、現職。胃癌の低侵襲・機能温存縮小手術から拡大手術まで、幅広い外科治療を担当しています。

司会者

小島 あゆみ ( こじま あゆみ )
ライター&エディター

慶應義塾大学卒業後、日経ホーム出版社(現・日経BP)で女性誌の編集に携わり、フリーランスに。雑誌やウェブ、書籍で、医療・健康分野や科学関連の記事の編集・執筆を行う。2014年、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程修了。NPO法人からだとこころの発見塾 理事。