肝臓がん

肝臓がんの外科治療と薬物療法~なぜ日本の技術は世界一なのか?~

8月11日(土)13:0014:00 国立がん研究センター 築地キャンパス 研究棟13F 第5会場

肝臓がんに対する最も根治的な治療法は外科治療で、日本の技術は世界のトップレベルにあります。肝切除技術の最新の進歩と成績をご紹介します。肝移植は日本では脳死肝移植が少なく、生体肝移植が中心です。生体肝移植の現状についてもご紹介します。

肝臓がんには最近までは有効な抗がん剤はありませんでしたが、ここ数年で次々と新しい薬剤の有効性が証明されています。免疫療法や新しい薬剤どうしの併用療法も注目されており、今後治療成績がさらに向上することが期待されています。

講演者

國土 典宏 ( こくど のりひろ )
国立国際医療研究センター 理事長

1981年、東京大学医学部卒業後、東京大学第二外科入局。米国ミシガン大学留学を経て癌研附属病院外科医長。2001年東京大学大学院医学系研究科 肝胆膵外科分野助教授、2007年同大学院教授。2017年4月より現職。専門は肝がん、膵がん、胆管がんの外科治療と肝移植。アジア太平洋肝胆膵学会前理事長。肝癌診療ガイドライン2013年版、2017年版改訂委員長。日本肝癌研究会肝癌取扱い規約委員長。2017年第53回日本肝癌研究会会長。2018年第118回日本外科学会定期学術集会会長。

奥坂 拓志 ( おくさか たくじ )
国立がん研究センター中央病院 肝胆膵内科長

獣医、無医村医師、ホスピス医師を志し、その後現職にたどり着きました。よりよいがん治療の開発とともに患者教室の普及にも重要性を感じ、全国の先生方や患者さんと一緒に活動しています。

司会者

渡辺 千鶴 ( わたなべ ちづる )
医療ライター

京都女子大学卒業。医療系出版社を経て、1996年よりフリーランスに。医療・介護分野を中心に編集・執筆に携わる。共著に『日本全国病院<実力度>ランキング』(宝島社刊)、『がん――命を託せる名医』(世界文化社刊)、単著に『発症から看取りまで 認知症ケアがわかる本』(洋泉社刊)などがある。総合女性誌『家庭画報』にて「がん医療を支える人々」、「がんになった医療者の治療選択と向き合い方」などを連載。